他撹拌脱泡方式との違い

他方式の撹拌・脱泡の課題

  • 撹拌に時間がかかる

  • 材料に傷がつく

  • 脱泡ができない

  • 精密撹拌ができない

  • 洗浄の必要がある

公⾃転式カクハンター
これらの課題を効率的に
解決します

撹拌・脱泡には様々な方式があります。
カクハンターが採用している公自転式は、容器、装置共に密閉空間での作業のため、異物混入がありません。
また、材料も傷めず、材料変更を伴う連続作業もスムーズに行うことができます。

他の撹拌方式の特徴

プロペラ式

特徴とデメリット

  • 撹拌に時間がかかる
  • プロペラと材料が接触するため、材料にロスが生じる
  • プロペラで組成がせん断されるため、材料に傷がつく
  • 精密撹拌ができない
  • 洗浄の必要がある
  • 脱泡ができない

3本ロール式

特徴とデメリット

  • 撹拌に時間がかかる
  • ロールと材料が接触するため、材料にロスが生じる
  • 低粘度材料には適さない
  • 洗浄の必要がある
  • ローラーに巻き込まれる危険性がある

ローラー式

特徴とデメリット

  • 撹拌に時間がかかる
  • 撹拌時に気泡の発生や、材料の作りおきによる分離や沈降の可能性がある
  • 高粘度材料には適さない

他の撹拌方式との比較

公⾃転式
(カクハンター)
プロペラ式 3本ロール式 ローラー式
撹拌時間
⽐較的短時間
⽐較的短時間
⻑時間
⻑時間
材料粘度
低〜⾼粘度
低〜中粘度
中〜⾼粘度
低〜中粘度
脱泡
遠⼼脱泡+真空
不可
効果あり
不可
異物混⼊
容器
⽻ / 容器
ロール
容器
材料変更時
の⼿間
洗浄不要
⽻とタンクの洗浄が必要
ロール洗浄が必要
洗浄不要
発熱
発熱あり
発熱あり
発熱あり
発熱少ない
容量
容器容量に依存
⼤量処理可能
連続処理可能
⼤量処理可能
  • 回転数の設定により抑制可能です。

他の脱泡方式の特徴

真空脱泡

特徴とデメリット

  • 撹拌ができない
  • 液面が上がるため、吹きこぼれる
  • 精密脱泡に時間がかかり、作業効率が悪い
  • 揮発して容量が減る
  • 材料により組成が変化することがある

遠心分離機

特徴とデメリット

  • 撹拌ができない
  • 比重差のある材料の場合、分離してしまう
  • 高粘度材料は微細な泡が残る
  • 処理量が少ない

他の脱泡方式との比較

公⾃転式
(カクハンター)
真空デシケータ 遠⼼分離機
脱泡
真空
真空
遠⼼脱泡
脱泡時間
短時間
⻑時間
短時間
材料粘度
低〜⾼粘度
低〜中粘度
低粘度のみ
発熱
若⼲発熱あり
発熱なし
若⼲発熱あり
シリンジ対応
3cc〜360ccまで可
(機種による)
容器形状による
機種による
  • 底部に泡が残る可能性があります。

導入事例CASE STUDIES

多種粉体を母材へ均一分散したい。高粘度ゲル剤を温度をかけず脱泡したい。 コンタミほぼゼロで撹拌・脱泡! 酸化チタン等の均一分散 ゲル剤の脱泡粉体が多種の場合は粒子径も違うため、高度な撹拌処理が必要になりま… 研究開発用途で、少量の試料を脱泡したい。 1ccや2cc程度の少量でも撹拌・脱泡! バイアル瓶(小瓶)少量サンプル撹拌・脱泡処理量が微量でごく僅かな場合でも、その容器用にアタッチメント… 1バッチ1Lサイズを一度に処理したい。 中容量でも対応! 中型サイズ対応。すばやい高精度分散、脱泡が可能。粒子径が様々な顔料や高機能材料に対し、公転自転比率可… 分散、脱泡、分離を一台で行いたい。 複数工程を1台で解決! カーボン材料の高精度分散、脱泡が可能。研究開発用途向けにペースト状樹脂を分離後、分析へ。ナノ粒子~数… シリンジの状態で脱泡したい 遠心×真空で協力脱泡! シリンジの中に入り込んだ気泡を脱泡します接着剤や樹脂等をシリンジに入れ、ディスペンサーで塗布する前に… 比重差のあるフィラーと樹脂を均一に分散させたいが、材料温度はあまり上げたくない。 分散時に生じる発熱を抑制! 樹脂+フィラー(ダイヤモンド、ガラス等)の均一分散ステップ運転でムラなく均一に分散。その後は分離させ… 現在のやり方では撹拌はできるが、気泡が発生し泡が抜けるまでに数時間要している。 作業効率の大幅改善! 高粘度塗料の脱泡を短時間で行う。今まで最大4時間程度放置していたが、わずか3分で解消。(脱泡モード2… 量産で使用している指定ボトルをそのまま使用したい お客様のご指定容器に対応! 高精度均一分散を量産レベルで公転自転比率を可変しながらその材料に合った、最適な条件で高精度に均一分散…

導入事例一覧 MORE

お問い合わせ・
資料お取り寄せ

サービスや製品に関するお問い合わせは、
下のボタンのリンク先よりご連絡ください。

お問い合わせフォーム

※ 弊社が管理する別ドメインのページへ遷移します。

カクハンターの詳細がわかる資料や、
各製品モデルのカタログをご用意しております。

資料請求フォーム

※ 弊社が管理する別ドメインのページへ遷移します。

開発・販売

西日本

077-566-1208

平日 9:00~17:00(土日・祝休み)

東日本

03-5361-6688

平日 9:00~17:00(土日・祝休み)