公転自転比セパレートコントロールシステム

公転・自転比セパレートコントロールシステムを搭載
公転と自転の比率を可変する事ができ、90通りの回転パターンを設定する事が可能です。

  • 撹拌
  • 脱泡
  • 分散
  • 粉砕
  • 混練
  • 分離
  • 乳化

その他(研磨、コーティング)のアプリケーションにオールインワンで対応致します。
一般的なモデルでは、自転比率がギア比で固定されており、公転回転数を調整しても
混ざらない材料やダマが発生し解消できないでいました。
これに対し、セパレートコントロールシステムでは、
公転9段階、自転10段階の設定が可能になり以下のメリットがあります。

自転が可変出来るメリット6ヶ条

  1. 1
    撹拌不足解消
    自転の回転比率を上げる事で撹拌不足やダマを抑制させる。
  2. 2
    効率化 / 均一分散
    粉末比率の高い材料等で設定条件を最適化する事で効率良く短時間で均一分散させる。
  3. 3
    機能別連続運転
    予備撹拌(手混ぜ)をイメージした、低速運転でふんわり混ぜる事が可能。※ステップ運転を使い低速⇒中速⇒高速運転も可能。
  1. 4
    自転カット機能
    自転をゼロ設定すると意図的に材料を分離させる事が出来る。(例)アルミ溶液の分離 等
  2. 5
    パワフル撹拌
    公転回転数に対し自転回転数が最大1:1まで設定出来る為、乳化等で効率的に短時間処理を実現。
  3. 6
    汎用性+最適化
    様々な材料に対し、汎用的(撹拌、脱泡、分散、粉砕、混練、分離、乳化)に対応致します。
    (目的に合った最適な条件で処理致します。)

さらに

材料にかかる温度を抑制致します!

単に公転速度を調整するだけでなく、公転と自転速度を最適化することにより、材料の温度上昇を抑制する事が出来ます。

回転数設定表

(注1)一部の機種は制限があります。

回転数比較グラフ

専用モデル

マイクロプレート(384、1536ウェル等)や、長尺バレルカートリッジ(180㏄、360㏄)を撹拌脱泡する時にも公転自転比セパレートコントロールの技術が効果的です!
撹拌脱泡は容器が重要な為、回転数も容器に合わせて最適化する事が必要となります。
例えば、長尺バレルカートリッジ内の高粘度材料の脱泡を行う際も、効率的に材料を動かすことで精密な脱泡が可能となります。
マイクロプレートに関しても、1536ウェルなどのごく微量の処理にも、公転、自転の比率を最適化する事で均一に泡を除去する事が可能です。

詳細はこちら

セパレートコントロールシステム搭載機種

標準モデル

真空モデル

専用モデル